OTOのBLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS お城ブーム

<<   作成日時 : 2017/06/11 15:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

軽い散歩へ 


△△△△△△△△
謙信が滅ぼした山城、お城ブームで観光客増える
 
 全国的な「お城ブーム」を受け、戦国時代屈指の巨大な山城として知られる国指定史跡「七尾城跡」(石川県七尾市)が観光客の注目を集めている。

 大手旅行会社2社が北陸新幹線や能越自動車道などで巡るバスツアーの旅程に組み込んだこともあり、今春以降の来訪者が急増。畠山、上杉、前田といった戦国武将ゆかりの名城を巡る歴史ロマンに関心が高まっている。

 クラブツーリズム(東京都新宿区)は昨秋、阪急交通社(大阪市)は今春、それぞれ七尾城をツアーに組み込んだ。七尾市観光ボランティアガイド「はろうななお」によると、4〜5月の来訪者は3047人に上り、昨年4〜10月の5782人の半数を超えた。

 七尾城は広さ約200ヘクタールに及ぶ巨大な山城。室町時代、守護・能登畠山氏が築き、戦国時代に上杉謙信が攻め滅ぼした。その後は加賀藩祖の前田利家も城主になった。日本100名城や日本5大山城の一つに数えられ、自然石を使った野面積みの石垣が残る。

 謙信が漢詩「九月十三夜」で、「越山併あわせ得たり能州の景」と詠んで絶賛したという本丸跡(標高305メートル)から七尾湾を望む眺めが魅力だ。

 5月の大型連休にはバス6台などで約350人が訪れ、城跡一帯が混雑する日もあった。ガイド23人が交代制で案内を続けている。1994年から観光ガイドを続ける「はろうななお」事務局長の森本真一さん(70)は「大河ドラマ『利家とまつ』(2002年)の時にもなかったにぎわいで驚いている」と、うれしい悲鳴を上げた。

 首都圏から県内入りし、和倉温泉で1泊した阪急交通社のツアー客39人が9日朝、ガイド2人に案内され、謙信が攻め上ったと伝わる急勾配の大谷道や人力で造った堀切り跡、二の丸跡などを約1時間かけて巡った。ツアー客からは「見晴らしが素晴らしい」「当時の石垣が残され、自然も豊か」などと大好評だった。

 日本城郭協会のスタンプラリーに参加しているお城ファンが自家用車で来るケースも目立つ。7月上旬には横浜市の小学生約160人も訪れる予定だ。

 七尾市は、本丸など中心部一帯の私有地を買い取り、史跡の保存と整備を進めており、今後は観光PRを本格化させる方針だ。市文化課の担当者は「室町時代から地域に伝わる歴史をストーリー仕立てにしてアピールしたい」と意気込んでいる。


◎◎◎◎◎◎◎
藤井四段、驚異の「平常心」…連勝記録25に

 自身の持つデビュー以来の公式戦連勝記録を25に伸ばし、歴代の連勝記録でも単独2位となった将棋の藤井聡太四段(14)。

 この日も目立ったのが、中学3年生とは思えない落ち着きだ。その平常心が周囲を驚かせている。

 「(この日の将棋は)序盤から難しくて、なかなか決めきれなかった。まだまだ(歴代最高の)28連勝までは遠いです」

 都成竜馬となりりゅうま四段(27)を108手で破った2局目の後、藤井四段はいつものように淡々と感想を話した。

 この日午前10時からの1局目では、「角換わり腰掛け銀」の戦型から積極的に攻勢に出て快勝した藤井四段。「ここまで来られるとは思わなかった。信じられない気持ちです」。局後にそう話していた。2局目は都成四段が5筋に飛車を振る「中飛車」にし、後手の藤井四段が居飛車で対抗。徐々に藤井四段が優位を広げて、そのまま押し切った。次戦は、15日の順位戦C級2組で、瀬川晶司五段(47)と対局する。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
126  74  78  35.7
OTO
2017/06/11 20:44
129  86  65  35.8
OTO
2017/06/12 06:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
お城ブーム OTOのBLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる