「没後80年 金子みすゞ展」を見に

今日、高橋さんと6階そごう美術館の「没後80年 金子みすゞ展」を見に行きました。でも、その前に、三溪園を寄って、行きました。
「没後80年 金子みすゞ展」は人が少ないと思っていたら、多かったよ。最後の土、日曜日は混みそう(~o~)  見るのに二時間かかりましたよ。 三回休みました。いろいろ見て、元女子マラソンの増田明美さんも金子みすゞを詠んでいると聞いたし、大学の教授だって。
画像画像

音楽化と詩の広まり
みすゞの詩は元々曲をつけられることを想定したものではなかったが、詩作への評価の広まりと共に、童謡・歌曲・合唱曲として中田喜直、池辺晋一郎、吉岡しげ美、 李政美、沢知恵、野田淳子を初めとする作曲家や歌手によって広く作曲されている。西村直記、大西進のように、全ての詩に付曲した者もいる。2006年12月には「わたしと小鳥と鈴と」の詩に、作曲家の杉本竜一が曲を作り、テノール歌手新垣勉がアルバム「日本を歌う」内で発表している。この楽曲は、その年のNHK「みんなのうた」でも放送された。またピアニスト・作曲家の小原孝は、2006年、第17回奏楽堂日本歌曲コンクールにおいて「こぶとり~おはなしのうたの一」に作曲し、中田喜直賞を受賞。これを機会に「おはなしのうた」連作5編にすべて作曲している。数々のヒット歌謡の作曲家である浜圭介は、盟友大津あきらの墓所を訪れたことをきっかけにみすゞを知り、その壮大な世界観をフルオーケストラで表現したいと、8編に作曲。編曲・服部隆之、指揮・佐渡裕、演奏・新日本フィルハーモニー交響楽団、テノール・佐野成宏、ソプラノ・佐藤しのぶという豪華メンバーでのレコーディングを経て、CD「みすゞのうた―金子みすゞmeets浜圭介」(エイベックス・クラシックス)をリリースしている。

また、金子みすゞと同じ故郷山口県出身の歌手・作曲家ちひろは、金子みすゞの詩の50編近くに作曲し歌っており、「私と小鳥と鈴と」「星とたんぽぽ」は、歌集「さあ歌おう(山口県版)」に掲載される。CDアルバムも6枚リリースしている。

メディアへの露出としては、ラジオ大阪「1314 V-STATION」の携帯サイト「声優V-STATION」3分ラジオで2003年6月19日~2004年1月5日に金子みすゞの詩を朗読するプログラム「小森まなみのおやすみポエム」が公開され、後にCD化された。TBSラジオのミニ番組「童謡詩人・金子みすゞ」でも詩作の朗読が放送されていた。

また、みすゞの数奇な人生は後に映画・テレビドラマ・舞台などで演じられており、劇中で詩作が紹介されることも少なくない。みすゞを主人公にした映画・ドラマとしては映画「みすゞ」(紀伊國屋書店制作、監督:五十嵐匠、主演:田中美里)、ドラマ「明るいほうへ 明るいほうへ」(TBS制作、プロテューサー:石井ふく子、主演:松たか子)などがある。

漫画では、「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」の第263話(単行本第41巻収録)「薄幸の童謡詩人・金子みすゞ」にてかなり詳しい心情・実情等も取り上げられている。

みすゞの作品の一つ「こだまでしょうか」を取り上げたACジャパンのCM(歌手・UAによる朗読)が、東北地方太平洋沖地震に伴うCM差し替えにより多く露出したことにより「金子みすゞ全集」の売り上げが伸び、地震の影響で重版が困難なことから『金子みすゞ童謡集「こだまでしょうか」』として急遽電子書籍化されるなどの広まりが見られる。また、「こだまでしょうか」独特の語調をパロディにした作品がインターネット上で広まるなどの話題を呼んでいる[4]。

2003年に開館した金子みすゞ記念館の入場者数が2011年5月に100万人を突破した[5]。



5/31 (火) ◎ゆうどきチェック「金子みすゞブーム」



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
特集:「没後80年 金子みすゞ展」 あすから、横浜・そごう美術館で
 ◇「没後80年 金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい。」
 ◇あふれだす命の詩 遺品や写真で生涯つぶさに
 没後80年を経てなお、人々の心に広がりつつある童謡詩人、金子みすゞ(1903~30)。その26年の生涯や、「こだまでしょうか」「私と小鳥と鈴と」「大漁」などの作品を紹介する展覧会「没後80年 金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい。」が14日から、横浜市西区のそごう美術館で開かれる。自筆の手帳や写真など遺品に加え、みすゞの詩から生まれた著名人63人による絵画、楽曲、彫刻など多彩な感性も圧巻だ。【川俣享子】

 展覧会では、みすゞ(本名・テル)が捕鯨の町・仙崎(山口県長門市)で心豊かに成長し、下関で書店の店番をしながら雑誌「童話」などに投稿する姿を紹介。西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛されながら、結婚、出産を経て亡くなるまでを、遺品や写真で解説している。

 死後、作品は半世紀にわたって埋もれていた。児童文学者の矢崎節夫さんが16年かけ、実弟が保管していた遺稿手帳3冊を見つけ出し、「金子みすゞ全集」(JULA出版局刊)が発行されたのは84年。この「奇跡のよみがえり」は感動的だ。512編が記された手帳3冊も公開される。

 展覧会後半では、みすゞファン63人が勢ぞろい。画家の中島潔さん、漫画家のやなせたかしさん、昨年亡くなった女優の池内淳子さんらの書画が楽しめる。また写真家の荒木経惟さんは仙崎の風景を、作曲家の故中田喜直さんや浜圭介さんは、詩に曲を付けた楽譜を提供している。さらに63人が好きな一編を選定。演出家の石井ふく子さんが「こだまでしょうか」を選ぶなど、手帳にのこされたみすゞの自筆(写真パネル)によって、計54編が味わえる。

 ◇グッズ販売収益を一部復興支援に
 会場では、展覧会図録や金子みすゞの詩集、ポストカードなど関連グッズの販売も行われる。その一角に、東日本大震災復興支援コーナーが設けられる。

 このコーナーでは、「こだまでしょうか」など、みすゞの自筆の詩を印刷したポストカード9種類のほか、自筆の「こだまでしょうか」が書かれたクリアファイルなど展覧会オリジナルグッズが販売される。その収益の一部は、毎日新聞東京社会事業団と東日本大震災救援・金子みすゞ募金を通じて、被災地への復興支援にあてられる。

==============

 ◇ガイド
【会期】5月14日(土)~6月5日(日)。入館は午前10時~午後7時半(状況により入館時間を変更する場合あり)

【会場】そごう美術館(そごう横浜店6階)

【入館料】大人800円▽大高生600円▽中学生以下無料

【主催】毎日新聞社、そごう美術館

【後援】神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会

【協力】金子みすゞ著作保存会、金子みすゞ記念館、金子みすゞ顕彰会、JULA出版局

【監修】矢崎節夫(児童文学者、金子みすゞ記念館館長)

【協賛】そごう・西武

 <記念イベント>

 ◇保谷果菜子ひとり舞台「金子みすゞ いのちへのまなざし~詩と歌と物語~」5月21日(土)午前11時、先着60人(同日午後2時は完売)。参加費500円。
 ※申し込み・問い合わせは、そごう美術館(電話045・465・5515)。イベントには入館券が必要。

【関連記事】
東日本大震災:バチカン枢機卿 被災地の松島町を訪問へ
東日本大震災:堀川口防潮水門の閉鎖 津波に間に合わず
F1:公道をデモ走行 被災者支援、6月5日横浜

⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
金子みすゞ
 大正末期から昭和初期にかけて珠玉の作品を発表し、西條八十から「若き童謡詩人の巨星」と称えられた金子みすゞ(1903-1930)が26歳の短い生涯を閉じてから80年が経ちました。みすゞの詩は没後ほとんど忘れ去られていましたが、矢崎節夫氏(児童文学者・金子みすゞ記念館館長)の16年間にわたる調査の末よみがえり、今では小学校の教科書に紹介されるほど身近なものとなりました。目に見えないものに深く優しいまなざしを向け、小さな命を慈しむその詩は、私達の心の奥底に沁みとおるように響いてきます。
 本展では、新たに遠縁宅から発見されたみすゞの少女時代の写真を公開。さらに遺稿が記された3冊の手帳や、投稿作品が掲載された雑誌、みすゞが生まれ育った仙崎や暮らした下関での貴重な資料をひもとき、その生涯をたどります。
 また、みすゞを愛する著名人63名から寄せられたメッセージや、書画、イラストを展示し、それぞれに込められたみすゞへの思いを、みすゞ自筆の詩とともにご紹介いたします。
 代表作『私と小鳥と鈴と』にしるされた"みんなちがって、みんないい。"という詩句のように、ひとりひとりがみすゞの言葉を受けとめ、思い思いに心に刻む貴重な機会となるでしょう。

http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/11/0514_misuzu/index.html




金子みすゞ—生誕一〇〇年記念 (別冊太陽—日本のこころ)
平凡社
矢崎 節夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金子みすゞ—生誕一〇〇年記念 (別冊太陽—日本のこころ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫)
角川春樹事務所
金子 みすゞ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

キング・ベスト・セレクト・ライブラリー CD【金子みすゞ ベスト】11/5/11発売
アットマークジュエリーMusic
キング・ベスト・セレクト・ライブラリー  CD 【金子みすゞ ベスト】 2011/5/11発売 今年

楽天市場 by キング・ベスト・セレクト・ライブラリー CD【金子みすゞ ベスト】11/5/11発売 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

oto
2011年05月31日 21:05
104  61  69  35.6
oto
2011年06月01日 06:02
119  66  68  35.8

この記事へのトラックバック