「金残したところでロクなことにならへん」

軽い散歩へ
今日の歩数2900歩です。

朝、ヘルパーの小沼さんが来ました。 有り難う
c05-1.gif


午後、デイサービスに行きました。健康テェック(血圧計や温度計など)とストレシバザクラッチ(全員のボール握り、手の感覚運動、膝ボールはさみ)をしました。
ゲーム機やマッサージなどいました。
金魚すくいはレベルを上げで、レベル3に 96点と92点に~~
デイサービスを終えました。



∞∞∞∞∞∞∞∞
さんま、遺産は国に寄付!?子供たちに「金残したところでロクなことにならへん」
c05-2.gif

タレント、明石家さんま(66)が4日放送のTBS系「週刊さんまとマツコ」(日曜後6・30)に出演。自身の遺産について国庫に寄付する意向であることを明かした。

「老後の生活」をテーマにタレント、マツコ・デラックス(48)とトーク。「死ぬよな? 勝手にな」と切り出したさんまは「俺もマツコも、いま持っているお金を全部国に寄付しようとしてんねん」と告白。「金残したところでロクなことにならへんからな。娘とか息子とかに」と語り、マツコも「私はほら、子供もいないからさ。一筆書いておかないと、もしかしたら遠い親戚とかに(遺産が)渡ることになっちゃうかもしれないから、なんかもう死ぬなって思ったらどっかにね」と続いた。

自宅については「終了帳(エンディングノート)とかそういうのを残して、家とかは子供たちにあげて…」と述べたが「(家が)大きいからな。贈与税が大変になんねん、子供ら」と思案顔。マツコからも「さんまさんの家なんて、あんな一等地あのままではもう無理よ。全部売らないと相続できない」と指摘され「そういうことになるからな…。多額のお金を子供に残して人生甘くなってやな、変な人間になるのも嫌やしやな」と最後まで悩ましげだった。


≡≡≡≡≡≡≡
大島康徳さんが死去、70歳 元日本ハム監督、解説者など続けながらがん闘病

プロ野球中日、日本ハムで通算2204安打をマークし、日本ハムの監督を務めた大島康徳(おおしま・やすのり)さんが6月30日に死去していたことが5日、関係者の話で分かった。70歳だった。大分県出身。

2017年2月に自身のブログで大腸がんを患ったことを明らかにし、解説者などの仕事を続けながら闘病していた。

大分・中津工高(現中津東高)から1969年、ドラフト3位で中日に入団。長打力を生かして中心打者として活躍し74、82年のリーグ優勝に貢献した。76年にマークしたシーズン代打本塁打7は現在でもプロ野球記録となっている。79年はリーグ最多安打を記録し、83年には本塁打王に輝いた。88年から日本ハムに移籍し、90年8月に2千安打を達成。94年に現役を引退した。

2000~02年は日本ハムの監督を務め、通算成績は181勝225敗7分け。06年には優勝したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の打撃コーチ。NHKで解説者としても活躍した。通算成績2638試合で打率2割7分2厘、382本塁打、1234打点。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • OTO

    131  73  71  36.2
    2021年07月05日 20:23
  • OTO

    128  81  66  35.9
    2021年07月06日 05:45