「ママさん初V」

軽い散歩へ
1週間の平均歩数3100歩
c18.gif


∞∞∞∞∞∞∞
若林舞衣子20年ぶり6人目「ママさん初V」連続ノーボギー新記録も樹立
c18-1.gif

<国内女子ゴルフツアー:GMO&サマンサ・カップ>◇最終日◇18日◇茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)◇有観客開催

1打差の2位から出た若林舞衣子(33=ヨネックス)がプレーオフで野沢真央(24=愛知製鋼)を下し、4年ぶり通算4勝目をつかんだ。

88年のツアー制施行後としては20年ぶり6人目の「ママさん初V」となる。

5バーディー、1ボギーの68で回り、首位で出た野沢を逆転。リードを保っていたが、最終18番を痛恨のボギーとして追いつかれ、通算15アンダー、201で並んでプレーオフへ。1ホール目は両者パーとし、2ホール目でバーディーとして勝負を決めた。若林は先週のニッポンハム・レディースでも堀琴音(25=ダイセル)とプレーオフを戦って敗れており、2週連続プレーオフで今度はしっかりと勝利を手にした。

19年4月に第1子の長男龍之介くんを出産し、昨年6月に産休制度明けでツアーに復帰。今大会は2歳になる龍之介くんが初めて大会会場に来ており、ハーフターン時には夫とともに芝生の上を歩く龍之介くんに手を振る場面も。愛する家族の前で、しっかりと母の強さも示した。

偉大な記録もつくった。先週のニッポンハム・レディース第3ラウンドからノーボギーで戦い、今大会も第2ラウンドまで記録を継続。この日の最終ラウンドの10番までパー以上とすれば15年に申ジエが打ち立てた81ホールを抜く状況で、10番をバーディーとして記録を更新。14番で惜しくもボギーとなったが、85ホールの連続ノーボギー新記録も樹立した。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)によると、ホールバイホールの記録は90年以降しか残っておらず、同年以降での新記録達成となる。

◆国内女子ツアーの出産後の優勝 これまで森口祐子、樋口久子、木村敏美、山岡明美、塩谷育代の5人いる。出産後の初優勝は森口が89年4月、樋口が90年8月、木村が93年4月、山岡が94年5月、塩谷が01年5月。出産前に優勝経験がなかったのは山岡のみ。出産から復帰後、最初の優勝までは樋口の27試合目が最も早く、木村の43試合目が続く。出産後の勝利数では森口の11勝が最多で、木村の10勝が続く。最後の「ママさんV」は、木村が07年3月に挙げたアコーディア・レディース。今回の若林の優勝は14年ぶりとなる。


≠≠≠≠≠≠≠
京アニに情熱をそそいだ亡き妻へ 「ごめんしか言えない」
c18-2.gif

南陽子

 「私は下手やし、練習せなあかんねん」。寝室でふと目を覚ますと、明かりをつけて机に向かい、スケッチブックに鉛筆を走らせている。テレビを見ていると「手、貸して」と手のモデルを求めてくる。結婚した時の約束で家に仕事は持ち帰らなかったが、画力を磨くための日々のデッサンは欠かさなかった。舌を巻くほどの情熱で。

 「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件から18日で2年。犠牲になった池田晶子(しょうこ)(本名・寺脇晶子)さん(当時44歳)の三回忌を前に、夫(48)が在りし日の姿を語った。

 京都府出身の池田さんはアニメ専門学校を卒業後、京アニに入社。学園ドラマとして国内外でヒットした「涼宮ハルヒの憂鬱」(2006年放送開始)や、高校吹奏楽部の青春を描いた「響け!ユーフォニアム」シリーズ(同15年)で魅力的なキャラクター造形を担った。京アニの名を世に知らしめた立役者であり、多くのファンを獲得した、日本の女性アニメーターの草分けだった。

 「ユーフォニアム」のキービジュアル(広告イラスト)が出来上がり、公式サイトで公開された時のはじけるような笑顔を、夫は覚えている。「見て見て、できたよー、とニコニコニコニコして、まるで子どものようで」。下絵の段階で池田さんに意見を求められ「脚が長すぎる」「体が細すぎる」と言った時は、機嫌が直るまでずいぶんかかった。ただ、作りたいものを作るのではなく、視聴者に楽しんでもらえる作品を作りたい、と考える姿勢は一貫していた。


⇒⇒⇒⇒⇒⇒
北海道各地で37度超、東京・練馬区は34・9度…猛暑日は全国75地点

 18日は全国的に気温が上昇し、午後3時までに今年最多の75地点で、35度以上を記録する猛暑日となった。

 気象庁によると、午後3時20分までに北海道池田町と足寄町、置戸町で37・4度、北見市で37・2度、帯広市などで37・1度を観測した。

 このほか、岩手県一関市で37・0度を記録。東京都内でも都心で33・2度、練馬区では今年最高の34・9度と厳しい暑さとなった。


φφφφφφφφφ
言語障害者のOTOが書くことも話すことも出来ない時、日記を
復活後の奮戦記です。1990年

7/18(水)晴
午前中は高野公園に行きましたが大変暑かったです。公園に行って涼しい木陰で休みました。本を読んで江戸の町人を読みました。ヘルストロンに行き、そして、家に帰りました。
午後はあみだ橋公園で十回はしりました。