夏の土佐旅行へ

昔の夏の土佐旅行に~~
高知城
土佐24万石の象徴。慶長6(1601)年、土佐へ入国した山内一豊が築城を始め、2年後に入城。慶長16(1611)年、三ノ丸の完成をもって着工以来10年ほぼ全城郭が整った。享保12(1727)年、城下町の大火で追手門を残すほとんどを焼失したものの、25年かけて宝暦3(1753)年に再建。現在も優美な姿を残している。天守など15の建造物が重要文化財。

四万十川 清流は台風の影響で良くなかったでした。
四万十川に架かる沈下橋のなかでもっとも下流にあり、291.6mと最長を誇る。青い橋げたが特徴。中村駅から比較的近いため、一年を通じて多くの観光客が訪れている。

高知 トンボ
トンボの生息地として有名な四万十市にある、総面積約50haの世界最初のトンボ保護区。1985年夏WWF.Japan(世界自然保護基金日本委員会)による用地取得をきっかけとしてスタートしたトンボ自然公園は、公益社団法人・トンボと自然を考える会がWWF.Jや行政機関、地元企業、各種団体からの支援を受けながら主としてナショナルトラスト方式で維持拡張を進めている。園内では81種のトンボが確認されており、世界のトンボ標本や淡水・汽水魚が見られる四万十川学遊館(あきついお)もある。

足摺岬
足摺岬展望台について
紺碧の海が広がる太平洋に突き出た足摺岬。展望台からは270度以上の視界が広がり、地球の丸さを実感できる。

いの町紙
JR伊野駅から徒歩で10分の所にある。館内には、紙衣、藩紙、製紙原料や道具、百万塔陀羅尼経などを展示している。

桂浜
龍馬像が立つ高知きっての景勝地
龍頭岬と龍王岬の間に弓状に広がる白砂青松の名勝。一帯は桂浜公園として整備され、坂本龍馬像や桂浜水族館などの見どころが点在する。月の名所として知られ、日本の渚100選や日本の朝日百選にも選定されている。
d24-01.gif
d24-02.gif
d24-03.gif
d24-04.gif
d24-05.gif
d24-06.gif
d24-07.gif
d24-08.gif
d24-09.gif
d24-10.gif
d24-11.gif
d24-12.gif
d24-13.gif
d24-14.gif
d24-15.gif
d24-16.gif
d24-17.gif
d24-18.gif
d24-19.gif
d24-20.gif
d24-21.gif
d24-22.gif
d24-23.gif
d24-24.gif
d24-25.gif
d24-26.gif
d24-27.gif
d24-28.gif

φφφφφφφφφ
言語障害者のOTOが書くことも話すことも出来ない時、日記を
復活後の奮戦記です。1990年

8/24(金)晴
午前中に出掛けました。奥野邑公園を通って、あみだ橋公園に行きました。午前八時半から天草病院に行きました。山田先生に会って、頑張りました。そして、長久先生に会って、男の子が生まれたとの事を言われました。右の手に訓練しました。伊東さんに会いました。母と二人で色々話しました。
午後に山田セツエ・溝江さんに会いました。塚越さんと母が、会って、そして、帰りました。