「モネの庭」幻想のきらめき

今日の歩数7300歩です。

∇∇∇∇∇∇∇
秋の夜長に「モネの庭」幻想のきらめき
b02.gif

 高知県北川村「モネの庭」マルモッタンで、秋の夜長を楽しむ催し「モネのナイトキャンバス」が10月2日~12月12日の土日曜と祝日に開かれる。

 秋から冬に開く二つの恒例イベント、キャンドルナイトと光のフェスタを同時開催し、期間を延長することで「密集」を避ける。会期中の季節の移ろいに合わせ、エメラルドグリーン、コバルトブルー、シャンパンゴールドの3色をテーマに水の庭とボルディゲラの庭をライトアップする。9月28日夜に試験点灯があり、虫の音が聞こえる園内を、幻想的な光が彩った。


⇒⇒⇒⇒⇒⇒
観光地や温泉街、解除後初の週末に「新たな一歩」「踏ん張りどころ」

高橋美帆

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除され、初の週末となった2日、各地で観光に携わる人たちがにぎわい回復へ再スタートを切った。観光人力車を引く男性は伝統を守る決意を改めて固め、温泉街で働く人たちは「踏ん張りどころ」と気を引き締めた。(高田悠介、大須賀軒一)

 2日午前、東京・浅草にある雷門。シンボルマークの大提灯の付近は、記念撮影する観光客らで混み合った。

 「すぐに乗れますよ」。人々にそう声をかけていたのは、人力車の車夫・碓井雅大さん(41)だ。人力車を運営する「時代屋」の従業員として10年以上、かいわいを巡る。久しぶりのにぎわいに、「今日が、新たな第一歩です」と笑顔を見せた。

 軽快に車を引いて回り、地域を盛り上げる車夫たち。勤務先の不動産会社を辞めようかと迷っていた28歳の頃、元車夫からその魅力を聞かされ、「生涯の仕事に」とこの世界に飛び込んだ。

 数十ページある観光ガイドを暗唱できるまで覚え、200キロにもなる人力車を操れるようにと、筋肉トレーニングに励んだ。経験を重ねるにつれ、お客さんから「一生の思い出になった」と手紙が届くようになり、「自分と、この仕事が認められた」とのめり込んだ。

 国内の訪日外国人客は2015年頃から急激に増加し、浅草がある台東区には18年、約950万人の外国人が訪れるなど空前のにぎわいを見せるようになった。大学時代に覚えた英語のお陰もあって、客が絶えることはなく、1日20キロを走った。「東京五輪・パラリンピックは多忙過ぎて倒れるのでは」。そんな想像をしながら、英語力に磨きをかけていた20年春、コロナ禍に見舞われた。

 浅草の人波は途絶え、20事業者、160台ある人力車がほぼ稼働しない日々もあった。会社の売り上げも一時、9割落ち込んだ。

 ある日、通行人に声をかけると、「こんな状況で、のんきに観光なんてするわけないだろう」と罵声を浴びせられた。仕事を否定された気分になり、誘客するのも慎重になった。

 それでも、あきらめずに街頭に立ち続けるうち、「人力車がいらないと思われてはいけない」という思いが強まってきた。会社も4月から、ウイルス対策などを施した人力車を導入。碓井さんも手指と座席などの消毒、マスクは欠かさない。

 「ワクチン接種が進み、以前とは環境が違う。ただ、すぐに観光客が戻ってこないだろう。不安はあるが、大好きな人力車の文化を守っていきたい」。碓井さんは2日、思いを新たに人力車を引いた。


φφφφφφφφφ
言語障害者のOTOが書くことも話すことも出来ない時、日記を
復活後の奮戦

10/2(火)曇
午前中は総務で勉強しました。
午後は散歩してむかし見た寮はマンションに変わっていました。そして、相武台跨道橋を通って行幸道橋を左に行きました。そして、線路を渡って、家に帰りました。