「ダイヤモンドツリー」

朝、散歩へ 少し、倒れました。千葉さんが来て、~~

朝、ヘルパーの小沼さんが来ました。 有り難う
b18-1.gif


午後、デイサービスに行きました。健康テェック(血圧計や温度計など)とストレシバザクラッチ(全員のボール握り、手の感覚運動、膝ボールはさみ)をしました。
ゲーム機やマッサージなどいました。
金魚すくいはレベルを上げで、レベル3に 92点に~~悪いです
デイサービスを終えました。

今日の歩数5700歩です。



∇∇∇∇∇∇∇
サンシャインから「ダイヤモンドツリー」…10月と2月に観察できます
b18-2.gif

 東京スカイツリー(東京都墨田区)の先端に、日の出直後の太陽が近づく「ダイヤモンドスカイツリー」が18日、約8キロ離れた豊島区の高層ビル「サンシャイン60」の展望台(高さ251メートル)から見られた

 気象条件が整えば、サンシャイン60から10月と2月に観察できる。この日は撮影会が開かれ、参加者10人が午前6時11分、スカイツリーの先端に接近した太陽を熱心に撮影していた。


♪♪♪♪♪
大島優子、大河初出演に「喜びと興奮」 『青天を衝け』で渋沢家発展の一翼担う伊藤兼子役
b18-3.gif

元AKB48の女優、大島優子(33)が、放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜後8・0)に出演することが18日、分かった。同局がこの日、追加キャストを発表。大河初出演となる大島は「お話がきたときは、喜びと興奮で、歓声をあげました」とコメントした。

大島が演じるのは、「伊勢八」の名で知られた豪商・伊藤八兵衛の娘、伊藤兼子(かねこ)。明治維新後、家業が大損失を出して没落。兼子は、路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うため、芸者として身を立てることを決意し、門をたたいた置き屋で三味線の師匠として出入りしていたやす(木村佳乃)と出会う-。

大島のコメント全文は以下の通り。



社会事業に尽力し、日本経済の要となっている最中の渋沢栄一と深く関わり、渋沢家の発展にも一翼を担うことになる伊藤兼子を務めさせていただくこととなりました。

初めての大河ドラマです。お話がきたときは、喜びと興奮で、歓声をあげました。しかし、その歓よろびも束つかの間、もうゴールが見えてきているではありませんか。この作品を彩ってきたスタッフの皆様、そして出演者の皆様、携わっているすべての方の費やしてきた時間と重みを一身に受け止めて、大切にバトンを握り締めようと心に決めました。最後まで、振り落とさずに走り抜けたいと思います。応援のほど、よろしくお願いします。



φφφφφφφφφ
言語障害者のOTOが書くことも話すことも出来ない時、日記を
復活後の奮戦

10/18(木)曇のち晴
朝、会社に行く時、業務の篠田さに会いました。そして、総務に着いて、鞄を広げました。篠田さんに聞きました。私は「品質の山村さん、八王子業務の遠藤補佐は今どこにいますか」と聞きました。そしたら「山村さんは八王子営業、遠藤さんはそのままいますよ」と言いました。
午後は会社に行きました。そしたら、小池さんに会いました。組合の鈴木さんに会いました。その後、業務に行き熊井さんに会社の名前を教えました。川谷、篠田さんに会いました。そして、会社を出て、駅の本店で国語を買ってから家に帰りましt。
夜、岡田さんから電話が来ました。