16歳の村瀬心が初優勝

1週間の平均歩数6000歩です。 
b24-1.PNG


<<<<<>>>>>
16歳の村瀬心が初優勝 スノーボードW杯開幕
b24-2.gif

スノーボードのワールドカップ(W杯)は23日、スイスのクールで開幕してビッグエアが行われ、決勝の女子は16歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が合計173・75点で初優勝した。19歳で前回平昌冬季五輪4位の岩渕麗楽(バートン)は7位だった。

村瀬心は1回目に軸を斜めにして縦2回転、横3回転するダブルコーク1080を決めて87・75点を挙げ、2回目も86・00点とハイスコアをそろえて2位の平昌五輪覇者アンナ・ガサー(オーストリア)に23・75点の大差をつけた。

男子は19歳で平昌五輪代表の国武大晃(STANCER)が7位だった。ヨナス・ベージガー(スイス)が初優勝した。




∀∀∀∀∀∀∀∀
日光・中禅寺湖の紅葉が見ごろ 赤や黄色に染まる湖畔
b24-3.gif

 栃木県・奥日光の紅葉が見ごろを迎え、訪れた観光客らを楽しませている。中禅寺湖の八丁出島周辺では、カエデやブナ、ツツジが色鮮やかな赤や黄色に染まり、遊覧船からは写真に収める人たちの姿が見られた。県立日光自然博物館によると、今年は例年より色が薄めだが、今月いっぱいまで楽しめるという。



⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
優勝の松山英樹「本当にうれしい」ZOZOチャンピオンシップ/米男子
b24-4.gif

松山は6番(パー5)で10メートルのイーグルパットを沈め、2位に2打差をつけた。しかし、8番(パー4)でボギー。9番(パー4)で2位のトリンゲールに並ばれた。

10番(パー4)で一時トップを明け渡すが、11番(パー4)ですぐさまバーディーで追いつく。13番(パー3)でバーディーを奪い、単独首位に立った。


最終18番(パー5)では2オン。この日2つ目のイーグルを奪い、最後は大きくガッツポーズ。圧巻のプレーで優勝を手にした。

2016年11月の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来5年ぶりの日本開催の試合で優勝。日本のファンに優勝で笑顔を届けた松山は「最後のセカンドを打つまではどうなるかわからなかった。本当にうれしい。状態はあまり上がっていなかったが、これだけたくさんの方々が応援してくれた。だから上がってこれた」と誇らしげだった。