ドレス姿を披露

ヘルパーの小沼さんと塩海さんが来ました。 有り難う



今日の歩数5700歩です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞
篠原涼子、胸元が大きく空いたドレス姿を披露「大胆でエロチック体当たり」
c10.gif

7月に俳優市村正親(72)と離婚した女優篠原涼子(48)が10日、都内で、「Netflix Festival Japan 2021」に出席した。離婚後初の公の場となった。

篠原は動画配信大手Netflixで配信される「金魚妻」で主演を務める。先月29日にポルノグラフィティの新藤晴一(47)との離婚を発表した女優長谷川京子(43)とともに登場した。

胸元が大きく空いたドレス姿の篠原は「とにかくこの作品は体当たりで挑んだ作品。見応えがあって、1人1人の物語の感情が込められている」とアピールした。

同作は、黒澤R氏の同名漫画が原作。篠原演じる専業主婦の「禁断の不倫愛」をテーマとしており、昨年12月、同作品配信が発表された際、プロデューサーは「とてもエッチなラブロマンス」「地上波での映像化は難しいと思っていました」「性描写などにも躊躇(ちゅうちょ)なく挑戦できそう」などとコメントしていた。不倫シーンなどにおいて、篠原のぬれ場や露出に注目が集まっている。

「大胆でエロチックシーンに体当たりさせていただいた。女性の作家なので、キレイに美しく表現されている。女性が見ても男性が見ても恥ずかしくないというか。見やすいといったら言葉がちょっと合っていないのかもしれないですが、期待していてもいいんじゃないかというくらい早く発表したいです」と自信を見せた。