上白石萌音 クラウドファンディングを

軽い散歩へ
今日の歩数2700歩です。 


♭♭♭♭♭♭♭
上白石萌音、熱海土砂災害を支援するクラウドファンディングを設立 目標金額を大幅に上回る
c06-1.gif

女優の上白石萌音(23)が5日、静岡県熱海市を中心とした大雨土砂災害の被害者へ向けて支援プロジェクトを立ち上げたことを公式サイトで発表した。

サイトでは、「7/3(土)に発生した、静岡県熱海市を中心とした、大雨・土砂災害によって被害に遭われた皆様に向けて募金プロジェクトを立ち上げました。クラウドファンディングでの募金、またライブ会場、ポップアップストアにて緊急募金箱を設置いたします」と報告し、支援を呼びかけた。

プロジェクトを立ち上げた経緯について、上白石は「今わたしはツアーを回っています。こうして音楽を楽しめている一方で、ゆっくり眠ることすらままならない方々がいらっしゃることを思い、何かできることはないかと、会場に緊急募金箱を設置しました。直接足を運べない方々からのお気持ちをお受け取りする場所も作れたらと、この場を設けさせていただきました」と思いをつづっている。

期間は21日までで目標金額は50万円。クラウドファンディングの終了まであと15日だが、既に240万円を超える支援金が集まっている。支援金の使い道については「頂戴しました募金は然るべき団体に寄付し、追って活動報告にて詳細のご報告をさせていただきます」としている。



∽∽∽∽∽∽∽∽
最年少九段に昇段した藤井聡太棋聖 無冠となって「藤井九段」と呼ばれるのは何十年も先のことかも
c06-2.gif

■7月6日 「私を十段に…」。かつて将棋の棋士総会で加藤一二三九段が爆弾発言したという。昇段規定の緩和で一度もタイトルを取れなくても白星数だけで最高位の九段昇段が可能になったときだ。「段位の格にそぐわない。それなら名人はじめタイトル8期の私こそ十段にふさわしい」。段位の厳格化には十段を最高位にと暗に提言したようだ。

〝ひふみん〟らしいちゃめっ気のある物言い。九段昇段は「竜王2期」「名人1期」「タイトル3期」に加え「八段で250勝」。昔は段位は八段が最高で「九段」はタイトルとして争われていた。後の十段戦(現竜王戦)で、そんな昔を知る加藤九段からすれば「緩い」と映ったのか。

ヒューリック杯棋聖戦で藤井聡太棋聖(王位)が18歳11カ月の史上最年少タイトル初防衛とともに、タイトル3期で最年少九段に昇段した。「タイトルを取って防衛して初めてタイトルホルダー」といわれるが、渡辺明三冠(名人、棋王、王将)をストレートで下しての初防衛。「これぞ九段」と万人を納得させる強さだった。

対照的に一度もタイトル獲得がなく、ひたすら白星を積み上げ昨年昇段したのは阿部隆九段(53)。先日、テレビの将棋番組で「羽生さん(善治九段)はじめ周りが強い人ばかりだった。これも仕方ない」と話していたが、年間30~40局と限られた対局で八段昇段後15年で250勝もまた並大抵ではない。

阿部がカメなら藤井の速さは〝昼寝〟などしないウサギだろう。21歳から切れ目なくタイトルを保持し続けた羽生は、無冠となった48歳にして初めて「羽生九段」と呼ばれた。藤井もまた「藤井九段」と呼ばれるのは何十年も先のことかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • OTO

    130  79  79  36.4
    2021年07月06日 19:45
  • OTO

    130  80  70  35.8
    2021年07月07日 06:16