女子パーク「満開の桜咲かせる」

軽い散歩へ
今日の歩数3400歩です。


ヘルパーの小沼さんと塩海さんが来ました。 有り難う 



♭♭♭♭♭♭
スケボー四十住さくら金メダル!女子パーク「満開の桜咲かせる」有言実行
d04-1.gif
d04-2.gif
d04-3.gif

鈴木みどり

スケートボード女子パーク決勝 金メダルを手に笑顔の四十住(中央)。左は銀メダルの開、右は銅メダルのブラウン(撮影・鈴木みどり)スケートボード女子パーク決勝 3本目の演技を終えボードを掲げる四十住(撮影・鈴木みどり)スケートボード・女子パーク 四十住(よそずみ)さくら金メダルスケートボード 女子パーク予選 3本目を滑る四十住(撮影・鈴木みどり)東京五輪 日本のメダル一覧

<東京オリンピック(五輪):スケートボード>◇4日◇パーク女子◇有明アーバンスポーツパーク

日本勢がワンツーフィニッシュした。予選4位の四十住(よそずみ)さくら(19=ベンヌ)が、決勝で60・09の最高スコアをマークして金メダルを獲得した。予選3位で開心那(12=ここな、=WHYDAH GROUP)が59・04で銀メダル。12歳11か月でのメダル獲得で、今大会のストリート女子金メダリストの西矢椛(13歳10か月)を抜き、日本人史上最年少メダリストになった。予選1位の岡本碧優(みすぐ、15=MKグループ)は53・58で4位となり、惜しくも日本勢の表彰台独占を逃した。日本人の母親と英国人の父親を持ち、宮崎県で生まれ育った13歳のスカイ・ブラウン(13=英国)が56・47で銅メダルを獲得した。

   ◇   ◇   ◇

予選4位通過の四十住が金メダルに輝いた。大会前には「東京で満開の桜を咲かせます」と宣言。言葉通りの華麗な滑りで、表彰台に立った。

「スケボーのイメージはヤンキーとか、悪いイメージが多いけれど、真剣に世界を目指してやっているというのと『楽しい』っていうのを見せたいです」

四十住は心からスケートボードを楽しんでいる。競技との出会いは今から8年前、小6の時だった。地元和歌山・岩出市の自宅前で、13歳上の兄麗以八(れいや)さんにボードを譲ってもらった。きょうだいで年齢差があり、最初は一緒に遊んでほしい一心だった。ほどなくすると「自分がスケボーの楽しさをわかり、今度はお兄ちゃんなしでスケボーをやりたくなった」とのめりこんでいった。

中学生になると毎朝6時半に起き、7時から30分間、自宅前で滑った。誰に言われた訳でもない。「お兄ちゃんが『うるさいからやめろ』っているんですけれどね」。夕方に学校から戻ると、塾に行き、夜は遠方のパークで滑った。

「スケボーを嫌いになったことはないです。楽しさしかない。楽しくなかったら、多分ここまで続いていないと思います」

中学3年の夏に東京五輪追加種目入りが決定。競技会が増え、日本代表として遠征も始まった。それでも変わらないのは「楽しい」「好き」という気持ちだ。

普段は1日7時間かけて、スケートボードに向き合う。20年秋には自宅から5分の場所に専用練習場「サクラパーク」が誕生。1915年(大4)に創業した、地元岩出市にある老舗酒造会社「吉村秀雄商店」が、精米機を設置していた倉庫を無償提供してくれた。

「1人では無理なんです。家族だけでも無理だし、やっぱりみんなの協力があったから、ここまで来られました。『これ以上滑れない』というぐらい滑ってきた。結果だけを見ていたら、絶対に(成功に)つながらないと思う。だから練習。やったら後悔もないし、結果もついてくると思う」

何度も体を打ち付け、それでも「嫌いになったことはない」と断言したスケートボード。大好きな人たちに支えられ、大好きな競技で、真夏の東京に桜を咲かせた。





スケボーで表彰台独占にあと一歩、思い出すのは「日の丸飛行隊」…実は夏でも複数回達成

 4日に行われた東京五輪の新競技、スケートボード女子パークで 四十住よそずみ さくら(19)(ベンヌ)が優勝、 開ひらき心那ここな (12)(WHYDAH GROUP)が2位、岡本 碧優みすぐ (15)(MKグループ)が4位となり、日本勢が金、銀メダルを獲得した。惜しくも、表彰台独占はならなかったが、日本の10代選手が大活躍を見せた。




日本勢の一角崩したスカイ・ブラウンは宮崎生まれ…「日本が表彰台独占したみたい」の声も
d04-4.gif

 東京五輪スケートボード女子パーク決勝で銅メダルを獲得したスカイ・ブラウン(13)(英)に、日本とイギリス両方から祝福する声がSNSで投稿されている。

スケボー2種目で10代が次々開花…過去には岩崎、田村にコマネチも

 ブラウンは父親が英国人で母親が日本人。宮崎県出身で、日本と米カリフォルニアを拠点に活動しており、スケートボード中に頭蓋骨を骨折した大けがを乗り越えて英国代表として出場。画像共有ソフト「インスタグラム」のフォロワーは103万人を超え、キュートな笑顔とダイナミックな技でファンの心をとらえている。

 銅メダルが決まると、五輪英国代表のツイッター「チームGB」は「歴史を作った瞬間」とツイート。続いて、競技を終えた他の選手と抱き合う写真とあわせて「これぞオリンピック精神」と投稿し、健闘をたたえた。

 13歳23日で出場したブラウンは、夏季五輪に出場した英国代表の中では最年少。英BBCスポーツの

 ツイッターでは、「宮崎出身ということでなんか親近感」「日本が表彰台独占したみたいになってるのが 凄すご い」との声が出たほか、「みんな国も順位も関係なく仲良しなの最高」とたたえ合うシーンが感動を呼んでいた。



∀∀∀∀∀∀∀
ボクシング女子フライ級・並木月海は銅メダル「目指すつもりはなかった」3年後のパリ五輪での雪辱誓う
d04-5.gif

◆東京五輪 ボクシング(4日、両国国技館)

 女子フライ級の準決勝が行われ、五輪初出場の並木月海(自衛隊)は、12年ロンドン五輪5位のクラステバ(ブルガリア)に0―5で敗れ、惜しくも決勝進出はならなかった。3位決定戦がないため、銅メダルが確定し、終戦した。

 金メダルを獲得したフェザー級の入江聖奈(日体大3年)に続くことができず「率直にやっぱり悔しいって気持ちが大きいです。オリンピックは金メダルを目標にやってきたので一番いい色のメダルを取りたかった。聖奈もトップになったし、自分もしっかりいい色のメダルを取りたかったのが本音です」と、悔し涙を流した。

 ここまで3戦連続の5―0の完勝だった。並木が「一番最初に自分のテンポにできなかったのがいま考えられる限りの敗因。今大会、1ラウンド目で取れなかったことがなかったので、そこでテンポが崩れたのが一番の原因かと思う」と振り返ったように、準決勝は初回からリズムをつかめなかった。小刻みに動いて速いステップワークで懐に入り込もうと試みたが、踏み込みの一歩目で相手のジャブで機先を制された。並木は「いま思うと、もっとグチャグチャでもいいから、勝ちにこだわって開き直って戦えていたら」と唇をかんだ。

 身長153センチと、今大会の女子フライ級で最も小柄。不利と言われてきた体格差を克服するために、相手の倍以上の運動量で動ける体力をつけ、工夫に工夫を重ねたボクシングで世界の強豪と互角以上にわたりあるいてきた。

 東京五輪での目標はもちろん金メダルだったが、それ以上に「世界に私のボクシングを認めさせたい」という思いもあった。並木は「まだまだ自分には足りないところがたくさんあると感じることがあった。自分は身長も低いですし、リーチも短いので、なかなか難しいところもあると周りには言われるけど、自分の中では生かしたボクシングを一生懸命探してやってきたので、本当は金メダルとって小さくても金メダル取れるってところを見せたかった」と、悔し涙をこらえて気丈に語った。

 3年後の24年パリ五輪での雪辱を聞かれると、15秒考えた後、並木は「本当は、正直なところ、目指すつもりはなかったんですけどいま、やっぱり悔しいって気持ちが強くて。次の大会で次は一番いい色のメダルを取って帰ってこれるように頑張りたい」と答えた。

 5日に準決勝を控える男子フライ級の田中亮明(中京高教諭)がすでに銅メダルを獲得しており、東京五輪の日本勢のメダルは3個が確定。過去最多の同一大会複数メダルだった、12年ロンドン五輪の男子ミドル級金・村田諒太、バンタム級銅・清水聡を超える活躍となっている。



φφφφφφφφφ
言語障害者のOTOが書くことも話すことも出来ない時、日記を
復活後の奮戦記です。1990年
8/4(土)雨時々晴
午前中はヘルストロンに行きました。
午後は母とお兄(猪野)さんの三人車で相武台のアパートに行きました。