オーロラ 「鎌倉時代」の「赤い光」

朝、ヘルパーの糟野さんが来ました。 有り難う
a17-1.gif


コミュニティバスに乗って、相模台病院(内科)に行きました。午後2時、受付はじまりました。内科へ 内科の主治医の先生が「まあ、良いですね」と言われました。受付で出て、調剤薬局へ 調剤薬局は40分ぐらいしました~ そいて、タクシーへ


今日の歩数3500歩です。


∧∧∧∧∧∨∨∨∨∨
オーロラが最も見えやすかったのは「鎌倉時代」…藤原定家「明月記」にある「赤い光」と合致
a17-2.gif

 オーロラが現れる地域(オーロラ帯)の過去3000年間の変化を解析したところ、日本から最も見えやすかったのは鎌倉時代の1200年頃だったと、国立極地研究所などのチームが発表した。当時の歌人・藤原定家が日記「明月記」に残した「赤い光」の目撃時期と合致するという。研究結果が国際科学誌に掲載された。

 オーロラは、太陽から噴き出した粒子が、地磁気に沿って地球に降り注ぐ際に大気が発光する現象。極域周辺に出現しやすいが、太陽活動が活発になるとまれに北海道などでも観測される。地磁気は時代によって変動し、オーロラ帯の位置もずれ動いてきた。

 チームの片岡 龍峰りゅうほう ・同研究所准教授(宇宙空間物理学)らは、世界各地の地層に残留する地磁気のデータなどを基に、オーロラ帯の3000年分の変化を計算し、コンピューターで再現。オーロラを記したとされる文献と照合した。

 明月記には、1204年2月の2日間、京都の夜空に「 赤気せっき 」(空の赤い光)が現れ、「山の向こうの火事のようだった」という趣旨の記述がある。


√√√√√√√√√
台風14号、夕方にも九州上陸 あすにかけ東日本にも 広範囲に大雨

 台風14号は17日夕から夜のはじめごろ、九州北部に上陸する見通し。気象庁によると、18日にかけて四国や近畿などを通過し、東日本の太平洋側を進むとみられる。西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがある。

 17日午前10時現在、長崎県五島市の西北西約110キロを東北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。西日本から東日本の広範囲で18日にかけて非常に強い風が吹き、予想される最大風速は九州北部25メートル、中国、四国、近畿23メートル、九州南部、東海、関東甲信、北海道で20メートル。

 また、台風と前線の影響で西日本では17日、東日本では18日を中心に非常に激しい雨となる見込み。18日正午までの24時間で予想される雨量は、多いところで四国300ミリ、東海250ミリ、近畿、関東甲信200ミリ。19日正午までの24時間では東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。


φφφφφφφφφ
言語障害者のOTOが書くことも話すことも出来ない時、日記を
復活後の奮戦記です。1990年

9/17(月)曇時々雨
午前中は総務で勉強をしました。そして、雨が降っていたのでレインコートで帰りました。
午後は倉庫で会ったら宗像、鈴木、池田さんと話しました。業務で会って、その後、診療に行ってから家に帰りました。
雨が降らないので店に行って、週刊誌を買いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • OTO

    130  75  75  36.0

    台風14号、福岡県福津市付近に上陸
    2021年09月17日 19:48
  • OTO

    134  82  76  35.8

    台風14号、四国を横断…近畿に接近へ
    2021年09月18日 06:26